アート&ソサエティ・コミュニケーションズ トップページへ
 悠々アートハーツクラブへ

                    

アート&ソサエティ・コミュニケーションズ



悠コンサートーク

Yutaka Kubota

コンサートとトークを組み合わせて「コンサートーク」

少人数でお茶とケーキを楽しみながらのサロンと数十人でのカルチャークラスではステレオとヴィデオを使用。
大人数のコンサート形式ではアンサンブルでの生演奏と、様々なスタイルで行なっています。

日頃なにげなく聴いている音楽をもっと深く楽しむことができるように久保田悠太香がお話しする会です。

美しい曲を聴くとなぜ心が和むのか、興奮するのか、また同じ曲でも演奏家が変われば違う印象を受けるのは
なぜかなど、専門的な話を分かりやすく、たくさんの裏話などをまじえながら、クラシックからポップスまで、
有名な曲からあまり聴く機会がない佳曲の数々を集めて音楽の秘密を明かします。

音楽との接し方が変わること間違いなしの楽しいコンサートークです。

                                                 

                               

 

 悠コンサートークの内容紹介



                                          アートギャラリーにて 
                                             紅茶とケーキで

        「モーツァルトでひと休み・・・・・その美しさの秘密・心と体に安らぎのメッセージ」 

        「優しかったり、怖かったり!・・・・伴奏が主役?」

        「めずらしい曲を楽しむ・・・・こんな曲知っていますか」

        「お楽しみコーナー・・・・・やっぱり名曲だ!」
   
        「3拍子でリラックス・・・  なぜリラックスするの? 」

    

                                          レストランにて
                                           ディナーとワインで

        「え!これがクラシック?・・・・・あのジュピターが!」 映画音楽、テレビコマーシャルソングやポップスが・・・

        「いろんな音楽・お楽しみコーナー・・・・・なつかしのオールデイーズからシャンソン、タンゴ・歌謡曲まで」

        「梅雨の時期に!・・・・世界の雨の曲を集めて」










                                  ロータリークラブにて
                                          
           
「指揮者にとって大切な4つの要素」
        「久保田悠太香の音楽体験」




                                          高等学校進学セミナーにて

        「ヨーロッパで学んだ音楽と自分らしい生き方」





                                  音楽セミナーにて

 「3連符のお仕事100変化・・・・ 古典派から現代まで」

「シンコペーションを上手に使った作曲家は誰?」

        「言葉と音楽・・・  涙そうそう・沖縄民謡からシャンソン」

        「ワルツいろいろ・・・・ ウィーン、フランス・ロシア」


       「指揮者はどのようにスコアを読むか」
 
        「指揮で表現できるもの」


「グレゴリオ聖歌が成立するまで」

「中世の世俗音楽・宗教音楽」

「吟遊詩人の音楽」

「中世の響きからからバロック音楽へ」

「オペラの聴き所から音楽のトリックを探る」





                                   変り種コンサートーク
        
        「ポピュラー音楽の歴史・・・・・黒人霊歌からビートルズまで」
        「日本人が好きな世界の民謡・・・ ロシア、ス
コットランド・・・」
        「超絶技巧曲を楽しむ・・・・」


                                   他・・・・・・・・・・・・・・・





            
        

 


 アート&ソサエティ・コミュニケーションズ トップページへ
 悠々アートハーツクラブへ