悠指揮法テキスト<第1部第3章> P-5へ戻る
悠指揮者クラブトップページへ戻る

-6-

Yutaka Kubota



第1部

第4章

指揮の基本テクニック V


曲想の変化に対応するためのテクニックを習得する

   
平均運動しゃくい」「叩きを組み合わせたトレーニングへ進もう。



平均運動
しゃくい 叩き 鋭い叩きへの移行。

横の動き」から「縦の動き」ともいう。

2〜6拍子で正確な図形とテンポを示そう


   1)2拍子

平均運動から始めて徐々に加速減速を増して平らな図形から掘りの深い図形へ
移行して行くことによって、柔らかなしゃくいから最も元気なしゃくいまでを表現し、
さらに腕の切り返しを加えることによって叩きのV字型図形へと進み、
最後はもっとメリハリの効いた縦の図形に至る。


その後は叩きの縦の図形から平均運動にもどるまでの運動を逆に行う。

以下の各拍子においても、テンポや強弱の変化による図形の大きさなどを変えながら
自由に全ての段階の動きが滑らかに移行できるようになるまでトレーニングを重ねる。

2)3拍子

3)4拍子

4)5拍子

5)6拍子

6)その他の図形 


                                 -6-


                                   指揮法テキストページ
                      |6{ 1011|1213141516


                         悠指揮法テキスト<第1部第5章> P-7へ進む

                                                            悠指揮者クラブトップページへ戻る